アスチルベ

アスチルベ

アスチルベ

アスチルベ
原産地:日本、中国、中央アジア、北アメリカ
科名:ユキノシタ科チタナゲサシ属
別名:泡盛草ほか
分類:多年草
誕生日の花:6月1日:7月11日
花言葉:恋の訪れ・心のまま・控えめ

花の品種改良が盛んな国といえば英国、ドイツ、日本、フランスなどがあがります。アスチルベは、この中のドイツが大ぶりに品種改良したので”恋の訪れ”などの花言葉が並びますが、野生種は小ぶりで色も地味です。その見た目からギリシャ語で「輝きが無い」という意味でアスチルベって呼ばれているようです。

花屋のおじさんの感想:アスチルベは可憐な花の形で人気があります。 花もちはそんなに強くないタイプです。 ただピンク系の花との相性は良いいのでアレンジでは重宝します。

この記事を書いた人

モーンガータ京都のロゴ

京都花屋 モーンガータ

京都市中京区の三条会商店街の京都花屋 ”モーンガータ ”です。京都市内では珍しいバラや花などを取り寄せているので大切な人への花のプレゼントを考えている方。お世話になった方に花を贈りたい方に、おすすめの花束(ブーケ)やフラワーアレンジメントがございますのインスタやホームページを見て下さい。