コスモス

コスモス

乙女の愛情・優美

原産地:メキシコ
分類:キク科コスモス
別名:秋桜・大春車菊
誕生花:9月3日・9月27日・10月5日(黄色)・10月6日(赤色)
花言葉:乙女の愛情(赤色)・優美(白色)・乙女の純潔(ピンク)
<参考書籍:ちいさな花言葉・花図鑑>

日本人が愛してやまないのが”桜”

秋桜の和名を持つコスモスも好きと、よく聞きます。

名曲のタイトルにもなっていて、風景写真といえば必ず登場するコスモスなんですが”キク科”って知らない人も多く。店に来てくれた人とトークしている際にコスモスをキク科って知らない方がいると「マーガレットに雰囲気が似てませんか?」と尋ねます。

すすると「似てますね。でもマーガレットも菊なんですか?」ってそちらに驚かれます。
※実はキク科の一属は人気ものが多いです。
・コスモス
・ダリア
・ジニアなど
そして共通しているのが原産地:メキシコなんです。

余談なんですが他にも
・ガーベラ
・ひまわり
そして・食べるゴボウも”キク科”です。

コスモスの花束

コスモスの花束
京都の花屋のおじさんの感想

キク科なので咲いているコスモスは丈夫で育ちやすいです。

ただ切り花にすると短命。

そして僕はフラワーアレンジメントの方が得意なんですがアレンジでは殆ど使わないです。

この繊細な感じは花束の方が合うので、たっぷりと使いました。

切り花のコスモスは命短しなので買値が安く。

遠慮なく使えるのが最大の魅力です。

コスモスのアレンジ

コスモス、マリーゴールドのカゴアレンジ
同じキク科のマリーゴールドと色が馴染むカーネーションが手に入ったのでコスモスで珍しくアレンジしてみました。ところどころ見えているの秋明菊(シュウメイギク)です。
※秋明菊は”キンポウゲ科”なのでラナンキュラスやアネモネと同じ科なので、実は菊じゃないんです(笑)

この記事を書いた人

モーンガータ京都のロゴ

京都花屋 モーンガータ

京都市中京区の三条会商店街の京都花屋 ”モーンガータ ”です。京都市内では珍しいバラや花などを取り寄せているので大切な人への花のプレゼントを考えている方。お世話になった方に花を贈りたい方に、おすすめの花束(ブーケ)やフラワーアレンジメントがございますのインスタやホームページを見て下さい。