紫色のバラ

バラ・ブルーオーシャン
原産地:北半球の温帯域
分類:バラ科バラ属
別名:ソウビ・ショウビ
誕生花:1月12日(黄色)・2月25日(ムスクローズ)・7月4日・9月26日・12月11日(白色)
花言葉:愛/美・情熱(赤色)・純潔/深い尊敬(白色)・上品/感銘(ピンク)・嫉妬/友情(黄色)・絆(オレンジ)・穏やか(緑)
参考書籍:ちいさな花言葉・花図鑑

ブルーオーシャン

バラ・ブルーオーシャン
世界で最も愛されている花は”バラ”でしょう。

ギリシャ神話では美と愛の女神”アフロディーテ”の誕生の時に”薔薇”は一緒に生まれてきたと言われています。

薔薇は品種改良も盛んに行われていて映画のテーマになるぐらい育種家さん達の情熱が注がれています。年々バラの美しさは輝きを増していくのもわかります。

※育種家さん達の永遠のテーマの1つに”青いバラ”があります。染めたモノでは無く、人の手はかかっているけど自然に生まれた”青いバラ”は貴重です。限りなく青い色のバラに近いバラの1つに”ブルーグラビティー”があります。
他のブログで紹介していますので、読んでみてください。

おすすめブログ:限りなく青いバラに近いバラ”ブルーグラビティー”

ブルーオーシャンを使ったアレンジ

京都の花屋のおじさんの感想
バラのブルーオーシャンは素直な色味なので他の花と合わせやすいです。紫色はピンク色との相性も良いので手に入るなら常に店に置いておきたいバラの1つです。

紫色の花たちを使ってアレンジや花束を作っていく場合は濃い・薄い。明るい・暗い。を組み合わせていくので、ブルーオーシャンの色味はほかのバラと、ひと味違うので扱いやすいバラです。

また紫色の花は蛍光灯などの人工的な照明で写真を撮っても雰囲気良く取れるので、人に贈るプレゼントの場合におすすめします。けっこうどの部屋で見ても色が映えます。

この記事を書いた人

モーンガータ京都のロゴ

京都花屋 モーンガータ

京都市中京区の三条会商店街の京都花屋 ”モーンガータ ”です。京都市内では珍しいバラや花などを取り寄せているので大切な人への花のプレゼントを考えている方。お世話になった方に花を贈りたい方に、おすすめの花束(ブーケ)やフラワーアレンジメントがございますのインスタやホームページを見て下さい。