クリスマスローズ

クリスマスローズ

わたしの不安を和らげて

原産地:ヨーロッパ、地中海沿岸
分類:キンポウゲ科クリスマスローズ属
別名:寒芍薬
誕生花:11月16日、12月13日、12月26日
花言葉:私の不安を和らげて・私を忘れないで
<参考書籍:ちいさな花言葉・花図鑑>

キリスト様が生まれた時に皆がお祝いに向かう中に一人の貧しい羊飼いの女の子がいました。

「私にはキリスト様に捧げるものが無い」と嘆いていると、地面から奇麗な花が咲いてきたので、その花を捧げたという逸話が残っています。もちろん、その花がクリスマスローズです。

また古代ヨーロッパではクリスマスローズの香りが”うつ病”を直すとされていたので「私の不安を和らげて」の花言葉になったようです。

冬から春に活躍するクリスマスローズはキンポウゲ科です。この時期に人気があるキンポウゲ
科の花があります。その花は、ラナンキュラスです。

※ラナンキュラスは他のブログに書いているので良かったら読んでみてください。

クリスマスローズのアレンジメント

京都の花屋のおじさんの感想

茎が同じキンポウゲ科のアネモネに似ていて柔らかいので挿したり束ねるときにコツが要ります。

クリスマスローズもラナンキュラスと同様に品種改良が盛んで、年々色味の良いクリスマスローズが出荷されるので使いたくなる花ですね。

茶色がかった緑色のヘルボルス(クリスマスローズの学名)が人気あるのですが、濃赤のカーネーションやダリアと合うひとつ暗いトーンのクリスマスローズも良いです。


ざっくりと挿せるカゴアレンジにハマる花のでコデマリのような枝物との組み合わせも面白いです。

※コデマリは他のブログに書いているので良かったら読んでみてください。

この記事を書いた人

モーンガータ京都のロゴ

京都花屋 モーンガータ

京都市中京区の三条会商店街の京都花屋 ”モーンガータ ”です。京都市内では珍しいバラや花などを取り寄せているので大切な人への花のプレゼントを考えている方。お世話になった方に花を贈りたい方に、おすすめの花束(ブーケ)やフラワーアレンジメントがございますのインスタやホームページを見て下さい。